幸せのレールからの脱却。私が選んだのはセミリタイアという脇道。

最近、たまに他のセミリタイア生活をしていたり、目指している人のブログを読んでいます。

本当にたまにだけど。
あ、お疲れさまです、ピコ氏です。

スポンサーリンク

それで思うのは、結婚………はしてる人もいるけど、子供がいる人は全然いないんですよね。

ブログ村のセミリタイアの人気の人たちを20人くらい見たけど、1人くらいっぽい。

まあ、そりゃあ、子供がいたら目指しづらいし、セミリタイア……っていう概念を持たないのかもしれない。

日本の昔からの作り上げられた『幸せのレール』上を歩き続けている人は、何かしらのきっかけがないと、脇道にあるものを見ずに、仕事と家庭、趣味などに没頭し、気づかずにそのまま歩き続けるのでしょう。

それを続けられるなら、それもまた幸せですよね。
まあ、世にいう、幸せであろうものを実行しているだけで、思考停止している……っていう風にも考えられますが。


今も、セミリタイアした人のブログを1つ見てました。
40代半ばでリタイアした人のブログ。

やっぱり、独り身の人でした。

でも、勉強になることあるかなぁ……と思って見たんですけど、投資関係に関して、米国株一本にしているんですよね。

まあ、言わんとしていることは分かりますし、エリートでない人たちがセミリタイアを目指そうとしたら、投資は必須と言えます。
しなくてもいいけど、明らかに、リタイア時期は遅くなるでしょう。

もちろん、私も投資はしています。
米国に関しても、興味はあるし、そこに絞れば……なんて思ったことは何度もあります。

今、私は世界中の株式に投資資金を撒き散らす系のに投資をしていますが、確かに米国だけに絞るより、資産を増やすには効率は悪い。
米国一本に絞れば、今よりもずーっと評価額は上がっていたでしょう。
それは、思考停止したインデックス投資家の私でも分かっています。


しかししかし。
それでも私は、思考停止し続け、世界中の株式に撒き散らす投資をします。

だって、家庭があるから。


米国株。
ここは株式市場において、世界の中心であり、先進国で唯一人口は増え続けているし、今後もそうありつづける……そう思います。

いや、人口については今後のことなんて知らないけど。

でも、世界の中心にいて、成長し続けるんだと思う。

グレタ・トゥンベリさんが何を言おうと、世界経済は成長し続けると思うし、新興国のことを考えたら、成長し続ける余地はあるし、成長し続けて、発展させて、最低限のライフラインの確保はしてあげるべきだと思う。


そんな世界の中心の米国。
今まで、他の国に比べて、株価の上がりはケタ違い。
日本なんて比較対象にすらならない。

んでも、私は米国に絞りません。

それは、今後もこれが続く可能性はあると思うけど、そうならない可能性もあるわけで、米国一本に絞ったら、少ない可能性ではあると思うけど、投資資金の全部が痛い目を見るかもしれないから。

株式市場の中心である、米国が不況に陥ったら、他の国々に影響しないわけないし、どの国もボロボロになるだろうけど、一本に絞るよりは、資産を分散させているだけ、幾らかはクッションになるでしょう。

日本の国債を資産に混じれていれば、尚更です。


投資という物は、少なからずギャンブル的な要素はあります。
積み立てていれば、後半になって資産が大きくなればなるほど、お金の動きも大きくなる。

先ほども言いましたが、私は家庭があるから、米国一本に絞る……という、ギャンブル的要素をより強めるような、強行に出ることはしません。

他のブログで、バカにされようが、米国一本に絞ってよかったwww……と言われようが。
まあ、思考停止しているインデックス投資家なんでね。


まあ、長々と書きましたが、私にもきっかけがあって、セミリタイアを目指した人間。

しかし、それに気がつくまでに、私は結婚をし、子供も産まれ、家も買いました。
誰かによって作り上げられた『幸せのレール』と呼ばれるようなものに、乗り続けていました。

学校を途中で止めて、ドロップアウトはしたものの、そのレール上には戻れました。
良かったことなのかは、よく分かりませんけど。


それで、先ほどまで見ていたブログで、その気になれば、生活費は1ヶ月10万、いや、8万まで……なんてのを見て、私だったら、どうだろうなぁ……とは思います。

独り身だったら……ってね。


まあ、独り身だったら、そこまで節約なんてしないだろうし、投資とかまでは、発展しなかったかな。

幸せであろう道のりを歩んでいなく、自分が独り身でいたとして、今のように節約や投資も同じ時期で始めていたら、米国一本に絞る……のはないにしろ、半分米国にして、あと半分は世界中に。

……合わせると米国の比率は8割くらいになりそう。
独り身ギャンブラーピコ氏の登場です。

……っていう風にして、三十代後半にはセミリタイアしていたかもな……と思ったりもします。


……でも、私には家庭もあり、子供もいて、低収入だけども、セミリタイアを目指しているので、月の生活費を10万をきることは絶対に出来ないけど、節約して、世界中の株式に分散して投資をする……ということを選んでいます。

まあ、ここまで言うと、独り身が良かった……なんて思われそうなので、一応言っておきますが、私は家族は居て良かった。
子供も居て良かった……そう思っています。

私は……ね。


でも、頑張って結婚して子供を作る……という選択肢は、別に無理して選ぶことでもないかな……とは思います。
それは、もう強制する時代ではなくて、選ぶ権利として選択権を持っている……というものでいいかなと思っています。


まあ、私がドロップアウトしたお陰で、低収入で家族を養うことになったので、その苦しさがセミリタイアしたい……っていうところに行き着いた、きっかけにはなりましたけどね。

苦しさを教えてくれて、それを救うきっかけもくれた家族です。
まあ、プラスマイナスで言えば、プラマイゼロな気もしますが、せっかく作った家族たちです。

自分の幸せについて思考停止して、『幸せのレール』にのり、途中で脇道のセミリタイアを目指し、インデックス投資という投資方法まで思考停止したのを選びました。

そんな思考停止ブロガー、ピコ氏。

低収入だけども、結婚して子供も1人だけども居て、家のローンもまだまだ残っています。

無理だと言われようが、ネタだと言われようが、それでも、私はセミリタイアをします。
遅くても50過ぎにはする……そう決めています。

それまでに、意外と今の仕事が好きになっていたりして……ね。
まあ、それもまたよし。

長々と長文失礼したしました。
それでは。

【カテゴリー】
『資産状況』『給料公開』『雑記』
『家計簿公開』『投資状況』
『投資のこと』『節約とお金のこと』
『株主優待』『身近な人たち』
『セミリタイア』『セミリタイアへの軌跡』

ポチッといただけると励みになります…m(__)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

ピコ氏

Author:ピコ氏
35歳、工場作業員。
低収入で妻(専業主婦)、娘1人(金食い虫)を養い中。

ドロップアウト後、フリーターからのパチニートを経験し、その後本格的なニートへ。お金を使いきった後、何度も転職を繰り返し、今の底辺の工場にたどり着く。
節約と投資と楽天経済圏を使ってセミリタイアを目指し奮闘中。


『ピコ氏の質問箱』
↑気軽に匿名で質問できます。断りなくブログでネタにすると思います。ご了承ください。

【ブログ村】

1日1クリック応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

最新記事

え!?楽天ポイントがクレジットカードの支払いに利用できるって? 2020/09/19
自分を納得させるのって、思ったよりも時間がかかるのが当たり前なのかもしれない。 2020/09/18
同僚が藁を掴もうとしだした件について 2020/09/17
同調圧力も『キモい』でいいですね。それに怖い。ついでにBITMAXのキャンペーン2週目の中間報告も。 2020/09/16
社畜から解放まで、あと15年…… 2020/09/15
これは真っ当な資産運用じゃないわ。 2020/09/14
胃カメラやってきた結果 2020/09/13
胃がヤバいから、初めての胃カメラ行ってくるわ。 2020/09/12
会社の残念な話② 2020/09/11
何でも使って元気になろう!頑張ろう、ピコ氏! 2020/09/10

検索フォーム

【セミリタイアへの道】

2015年(転職6回目)年収:300万台
資産:602万7826円
ローン:-1820万9960円
total:-1218万2134円

2016年 年収:405.5万円
資産:696万2907円
ローン:-1699万7459円
total:-1003万4552円

2017年(転職7回目)年収:350.5万円
資産:809万0299円
ローン:-1628万7059円
total:-819万6830円

2018年 年収:398.3万円
資産:877万6215円
ローン:-1530万5159円
total:-652万8944円

2019年 年収:441.3万円
資産:1164万0260円
ローン:-1485万7913円
total:-321万7653円


【オススメリンク】

※リンク募集中
当サイトはリンクフリーです

RSSリンクの表示